読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEWSについて

どうしても“ちゃん”をつけたくなるグループってあるよね。
私の場合、各グループの呼び方は大体統一されている。
非オタの方の前では呼び捨てになりがちだが、オタ仲間(表記正しいか自信ない)の前では、嵐さんより上は“さん”又は“兄さん”で呼びがち。そのほかは割とあだ名的な呼び方になっている。
その中でもNEWSちゃんは特別である。

NEWSはデビューの時から知ってはいた。バレー組。山下くんとその仲間達。
そんな印象。
応援歌が多いから、メンバーは知らなくても曲は沢山知っていた。
野ブタ。で山下くんを好きになり、そこからweeeek、サヤエンドウと楽曲の良さにハマっていた。
そこでまさかの活動休止。
私のうっすらとしたジャニオタ活動もそこで活動休止してしまったのだった。

そこから数年。
イッテQはちょくちょく見ていた私。
シャッフル企画でのジャングルで手越さんが言った言葉に衝撃を受けた。

「俺、今ツアー中なんで、怪我はしないです

ものすごくこの言葉に惹かれた。
気づけばチケットを探していた。
福岡公演はすでに数日後に迫っていた。

仕事を定時で上がらせてもらい、
自転車でマリンメッセまで駆けた。
うちわもペンライトも何も用意できなかった。仕事終わりで顔も疲れ切っていた。そんな私にも。

キラキラとステージ上で彼らは輝いてくれていた。

「テゴマスの青春」

歌のうまさはもちろんのこと、
彼らのパフォーマンス力、美しさ、
歌に込めた思いに涙があふれた。

その中でも「ヒカリ」という曲は、
毎日を大切に過ごそうと
背中をそっと押してくれて。

気づけばペンライトを購入していた。
消えていくサイリウムのようなペンライト。
青春は過ぎてしまえば一瞬で、だからこそ尊い。
そのことを伝えようとしてくれるテゴマスがどうしようもなく愛おしかった。

ちなみにこの時のMCは割とトンチキな感じでそれもまたすごかった。地方公演自由度高い。

翌日には10周年のBlu-rayを購入していた。
そしてまたもやなにもない時にファンクラブ入会である。ちなみにこの年NEWSとしてのコンサートはなかった。まじか。